森繁和氏 左打てない阪神・ボーアに逆方向の発想ない 2度の満塁機に凡退

[ 2020年6月21日 06:40 ]

セ・リーグ   阪神1―11巨人 ( 2020年6月20日    東京D )

<巨・神>7回2死満塁、高木(左)に見逃し三振するボーア(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 【森繁和 視点】いかにも「左投手が苦手」というタイミングの取り方だ。阪神・ボーアは3回2死満塁の場面で、左腕・田口の外角スライダーを引っ掛けて二ゴロ。ポイントが前になり、バットを放り投げるようにして当てただけだった。引きつけて逆方向に、という発想がない。

 「バースの再来」との触れ込みらしいが、バースは狭い日本の球場に対応し、逆方向へも長打を放っていた。ボーアはメジャー時代から左投手が苦手とは聞いていたが、開幕前の実戦では左腕に18打席無安打。7回2死満塁ではワンポイント登板の高木にも外角一辺倒で攻められた。軟投派の田口よりはタイミングが合いやすいかと思ったが、外角直球を腰を曲げて見送ってしまい、振る気配もなく見逃し三振に倒れた。

 制球のいい日本の投手は、助っ人の弱点を徹底して攻める。今後も外角に逃げるボールを多投されるはずだ。前を打つ3番のマルテは選球眼が非常に良く、この日も3四球。しかし4番の状態が上がらなければ、今後も勝負を避けられるシーンが増えるだろう。7回のボーアの三振でチャンスを逃し、その裏に8失点。やはり4番の出来が勝負の帰趨(きすう)を決めてしまう。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース