西武・与座 1軍初登板初先発は6回3失点降板、打線も援護できず

[ 2020年6月21日 16:46 ]

パ・リーグ   西武―日本ハム ( 2020年6月21日    メットライフD )

<西・日>力投する西武先発・与座(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 プロ3年目で1軍公式戦初登板初先発となった西武のサブマリン・与座が6回5安打3失点で降板。初勝利を飾ることはできなかった。

 打線は、6回まで2度の満塁の好機を逸するなど10残塁で無得点と援護できなかった。試合は現在日本ハムが4点リードで8回に入った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース