巨人・小林、2打席連続死球 6回から大城と交代

[ 2020年6月21日 15:13 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2020年6月21日    東京D )

5回2死、小林はこの日2つ目の死球を受け、顔をしかめる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・小林が2打席連続で死球を受け、6回の守備から退いた。

 4回の第2打席で阪神先発ガルシアから左肘付近に死球を受けていた小林。続く5回の第3打席では、2番手の守屋の直球が左手首付近に直撃した。

 攻撃終了後、6回の守備につこうとしていた小林だが原監督は球審・木内に交代を告げた。6回から大城がマスクをかぶった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース