楽天 小郷の足でつかんだパ唯一の連勝!延長10回、三木監督光った攻撃的采配「選手に感謝」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2-1オリックス ( 2020年6月20日    京セラD )

<オ・楽>延長10回、2死一、二塁、敵失で決勝の生還をする二走・小郷(撮影・成瀬 徹)     
Photo By スポニチ

 執念で勝利をもぎ取った楽天が、パ・リーグで唯一の開幕2連勝をマークした。1―1のままで迎えた延長10回2死一、二塁。二塁走者は浅村の代走で送り込まれた俊足の小郷だ。銀次の打球が一塁手の失策を誘って右翼線に抜けると、外野は前進守備だったが迷わず三塁を蹴った。気迫のスライディングで本塁へ生還し「監督がキャンプから“競った試合を獲ろう”と言っていた。この勝ちは大きい」と胸を張った。

 特別なシーズンならではの、三木監督の用兵が随所にあった。6回に鈴木大の代走で出場した小深田は二盗に成功した。今季は延長10回で試合を打ち切るため「こういうルールで戦うイメージはしていた。状況によって早めに手を打つこともあるし、思い切って決断しないといけない」と指揮官。9回も代走・山崎幹が二盗を成功させた。得点に結びつかなかった場面でも、積極采配で相手を揺さぶっていた。

 投手陣も5回以降に6人のリリーフを投入。総力戦で接戦を制し、三木監督は「諦めずに最後まで集中力を持ってやってくれた選手に感謝です」と目を細めた。(重光 晋太郎)

 ▼楽天松井(4回6安打1失点も初勝利ならず)点数をやりたくなくて逃げてしまった。今季初登板だったので力が入ってしまった。

 ▼楽天小深田(ドラフト1位ルーキーが6回1死から代走で出場しプロ初盗塁)準備はしていた。その中で決められたのは良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース