仙台育英・入江 ドラフト候補の小牟田から中前打

[ 2020年6月21日 05:30 ]

練習試合   仙台育英8-0青森山田 ( 2020年6月20日    宮城県多賀城市仙台育英グラウンド )

仙台育英・入江大樹内野手
Photo By スポニチ

 宮城・仙台育英の入江大樹内野手(3年)は4打数1安打。3打席目で青森山田・小牟田の甘く入った直球を中前に運び「(小牟田は)ほぼ直球の配球だった。1球ではじき返せるような対応力を身につけていきたい」と振り返った。

 プロ志望届の提出は迷っているという1メートル85の大型内野手は8月の「2020年甲子園高校野球交流試合」に向け「両親に3年間で成長した姿を見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース