ロッテ・美馬 移籍後初登板で白星 粘って5回1失点「要所で三振が取れた」

[ 2020年6月21日 19:15 ]

パ・リーグ   ロッテ5―1ソフトバンク ( 2020年6月21日    ペイペイドーム )

<ソ・ロ>5回1失点と好投したロッテ先発の美馬(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 今季からロッテにFAで加入した美馬が先発し、5回7安打1失点と粘りの投球を見せ、移籍後初登板で勝利を収めた。毎回のようにピンチを背負ったが、9三振を奪い、先発としての役割を果たした。

 「耐えれたかなと思います。抑えることが1番なんで。要所で三振が取れたりといいところもあったので。ちょっとヒットが多かったですけど最少失点でいけたので良かったと思います」

 当初は開幕投手を務める予定だったが、3月に左脇腹を痛めた。開幕が延期となり、仕切り直しとなって開幕3戦目と出番は変わったが、丁寧なベテランの技を見せつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース