中日ドラ2・橋本 12球団新人投手最速デビューで1回零封「目標は1軍にずっといること」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―6ヤクルト ( 2020年6月20日    神宮 )

<ヤ・中>5回から救援した中日・橋本(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 中日ドラフト2位左腕の橋本が12球団の新人投手では最速デビューを飾った。時間差で阪神・小川らより早く、5回に2番手で登板。制球に苦しんで3四球を与えながら木下拓の盗塁阻止などにも助けられ、最後は2死一、三塁から塩見を三ゴロに打ち打ち取って1回を無安打無失点で終えた。

 「めちゃくちゃ緊張しました。走者が三塁にいった時にやっと緊張と力が抜けました」

 大商大ではリーグ戦前に頭を丸刈りにしていたことから、プロでも「初心の気持ちを忘れないように」と開幕に備えて短く刈り込んで気合を注入。「目標は1軍にずっといること。四球を3つ出したので反省し、思ったところに投げられるようにしたい」とさらなる活躍を誓った。

 ▼中日・吉見(先発して4回4失点で黒星)一番警戒していたことが起きてしまった。初回からの大量失点は駄目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース