ヤクルト・小川「攻める気持ちを忘れず」6安打2失点で今季初勝利

[ 2020年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―2中日 ( 2020年6月20日    神宮 )

<ヤ・中>ウイニングボールを手に笑顔で初勝利ポーズの高津監督(右)と勝利投手の小川(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの小川が6回を6安打2失点で今季初勝利を挙げた。3点リードの4回1死一、二塁から阿部にカットボールを中前適時打とされ、続いたピンチでは2者連続三振。「勝ててホッとしている。攻める気持ちを忘れず前面に出していった」と振り返った。

 この日に取得条件を満たした国内FA権については「シーズンが終わった時にしっかり考えられるように」と話した。

 ▼ヤクルト・塩見(3回に右越え1号ソロ)開幕戦で安打が出なかったので何とか打てて良かった。いい波に乗れたらと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース