ソフトB先発・二保 危険球で退場、わずか26球で降板

[ 2020年6月21日 14:34 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―ロッテ ( 2020年6月21日    ペイペイドーム )

<ソ・ロ>2回表無死一、二塁から二保は中村の頭部に死球を与え危険球退場(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの先発・二保が危険球退場となった。

 2回無死一、二塁の場面で中村奨の頭部に死球を当て、26球でマウンドを降りた。無死満塁から2番手でマウンドに上がったのはルーキー・津森。厳しい場面でのプロ初登板となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年6月21日のニュース