広島・中崎 チーム大逆転で今季初星 2四球反省も、佐々岡監督「流れを呼んだ」

[ 2020年6月21日 05:30 ]

セ・リーグ   広島10-5DeNA ( 2020年6月20日    横浜 )

<D・広>広島3番手の中崎(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島・中崎が再起への一歩を踏み出した。3番手として登板した1点劣勢の7回を零封すると、直後に打線が大逆転する幸運。開幕2戦目で早々と今季初星が転がり込んだ。

 「チームが点を取った後の大事な回。最初の2四球は大事にいき過ぎた。反省です」

 いきなり連続四球。喜びよりも先に自戒するのが中崎らしい。1死二、三塁のピンチを招いても冷静だった。ソトの強い遊ゴロを田中広が好捕して三本間で挟殺すると、4番・佐野は外角低めの直球で見逃し三振だ。

 「中崎は2四球でピンチを招いたけど、あの場面を抑えるのが経験。(攻撃への)流れを呼んだ」と佐々岡監督。まさに、肉を切らせて骨を断つ。守護神として3連覇に貢献した右腕は「次はもっと大胆に勝負したい」とし、右膝手術からの完全復活を強く誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース