日本ハム・大田 リード広げる今季1号、135メートル特大弾「集中して打席に入った」

[ 2020年6月21日 15:37 ]

パ・リーグ   日本ハム―西武 ( 2020年6月21日    メットライフD )

<西・日>4回無死、中越えにソロ本塁打を放つ大田(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本ハム・大田が1点リードの4回に自身今季初本塁打となるソロを放った。

 4回無死走者なしで迎えた第2打席。過去2戦は9打数1安打で、第1打席も二ゴロと本来の豪快な当たりが出ていなかったが、西武・与座のカーブをバックスクリーン左へ135メートルの特大弾を放り込んだ。今季11打席目で飛び出した会心の当たりを「ここまで1勝1敗できているので、勝ち越せるように集中して打席に入りました。緩いカーブに対してうまく止まって打てたのでよかったです」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月21日のニュース