輝星 22日ロッテ戦へ最終調整、CS進出諦めない「力になれれば」

[ 2019年9月21日 13:17 ]

千葉・鎌ケ谷でブルペン投球を行う吉田輝
Photo By スポニチ

 22日のロッテ戦(ZOZOマリン)に登板する日本ハムの吉田輝星投手(18)が21日、千葉・鎌ケ谷でブルペン投球を行い最終調整とした。1軍では8月14日の同戦以来4度目の登板で勝てば2勝目となる。チームはCS進出の完全消滅が近い状況だが、「可能性がある以上CSに向けて力になれれば。負けないようにだけは絶対にしたい」と意気込んだ。

 前回の同戦では3被弾を浴びて3回途中5安打6失点で降板した。「(ロッテ打線は)1番から9番まで凄い。その中でも荻野さんは一番塁に出る確率も高いので、一番注意しています。気持ちで負けちゃいけない」とポイントを挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース