関西学院 3回戦敗退でセンバツ絶望、元阪神藪氏次男・雅博4の0

[ 2019年9月21日 13:28 ]

2019年度秋季兵庫県高校野球大会 3回戦   関西学院1―8明石商(7回コールド) ( 2019年9月21日    明石トーカロ )

<明石商・関西学院>4打数無安打に終わった関西学院・藪雅博
Photo By スポニチ

 古豪・関西学院が3回戦で敗れ、選抜出場が絶望的となった。元阪神の藪恵壹氏の次男・雅博が「2番・左翼」で先発出場したが4打数無安打。チームもわずか1得点に終わり、明石商に圧倒された。

 藪は第4打席の7回先頭で遊撃へのライナーを放つなど、とらえた打球が野手の正面を突く不運もあった。「負けてしまったのは心残りですが、当たり自体は悪くなかった」と振り返り「他人の見本となれるような行動をして、チームにプラスになるプレーをしていきたい」と視線を来夏に向けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース