日本ハム連夜の零敗 2年ぶり負け越し決定 栗山監督「一日一日必死にやる」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0―1ソフトバンク ( 2019年9月20日    ヤフオクD )

7回、選手交代を告げるためベンチを出る栗山監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 日本ハムは2試合連続の零敗。残り6試合で借金8となり、2年ぶりのシーズン負け越しが決まった。故障明けのバンデンハークに対し、6回までわずか3安打に抑えられるなど打線が沈黙。3、4回はともに先頭打者が出塁も送りバントに失敗するなどリズムを欠いた。

 5位に低迷しているが、わずかながらCS進出の可能性を残しており、栗山監督は「選手は一生懸命やっている。一日一日、必死にやります」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース