オリ中川、球団新人7年ぶりの100安打「まだまだ通過点」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス11―8ロッテ ( 2019年9月20日    京セラD )

8回2死二塁、適時二塁打を放つ中川 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 オリックス・中川が6回に右前打を放ち、球団新人では12年の川端以来7年ぶりとなる100安打に到達した。「後ろにつなぐ気持ちでいって、良い結果になりました」。

 1点差に詰められた直後の8回2死二塁では、左越え適時二塁打をマーク。20二塁打は、97年に21二塁打を記録した谷以来となる大台だ。「光栄なことですが、まだまだ通過点なので明日からまた頑張ります」と飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース