DeNA・ラミレス監督 巨人に脱帽「プランBに向けてベスト尽くす」

[ 2019年9月21日 21:22 ]

セ・リーグ   DeNA2―3巨人 ( 2019年9月21日    横浜 )

<D・巨>7回 マウンドでナインと話すラミレス監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 DeNAは首位巨人との直接対決、9回2死までリードしながら守護神・山崎が打たれて追いつかれ、延長10回には勝ち越しを許して逆転負け。わずかながら残っていた優勝への可能性は途絶えた。

 ラミレス監督は「試合としてはいい試合だった。こういうことが起きるのが野球だ」とサバサバと語り「プランA(優勝)は終わったが、選手はよくやってくれた。次のプランB(2位)に向けてベストを尽くしたい」とすぐさま照準を切り替えた。

 8月4日には巨人と0.5差まで追い詰めながら、最後まで首位を奪うことができなかったが、巨人については「やはりNo.1のチームだと思う。1位になってから安定した戦いをしてここまで来て、必要なものをすべて兼ね備えていることを証明したシーズンだと思う。きょうのように最後まであきらめない戦いをする力を持っている素晴らしいチームだと思う」と称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース