愛知ディオーネ逆転勝ち 寺部が決勝2塁打「思い切って」

[ 2019年9月21日 05:30 ]

日本女子プロ野球   愛知ディオーネ6―4京都フローラ ( 2019年9月20日    県営大宮 )

<京都フローラ・愛知ディオーネ>決勝打を放った寺部
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ秋季リーグは、愛知ディオーネが京都フローラに逆転勝ちした。2点を追う3回、2安打と四球で満塁とし、押し出し四球と金城の犠飛で同点。なおも1死一、二塁から寺部の右越え二塁打で勝ち越すと代打・三浦と岩見も連続適時打。10人攻撃で5点を奪った。

 5回から4番手で登板した坂東は3回1安打無失点投球で反撃を封じた。決勝打の寺部は「同点だったので思い切ってバットを振ることができた」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース