悔しい目の前での胴上げ…2戦連続欠場のDeNA・筒香「まだ残り試合もある」と前を向く

[ 2019年9月21日 21:44 ]

セ・リーグ   DeNA2―3巨人 ( 2019年9月21日    横浜 )

<D・巨>7回、降板した上茶谷(右)を迎える筒香(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAは救援陣が力尽き、21年ぶりの優勝は夢と散った。目の前での胴上げを許したラミレス監督は「巨人はナンバーワンチーム。1位になってからずっと安定した戦いをしてここまできて、必要なものを兼ね備えている」と相手を称え「2位という次の目標がある。2位から日本一に向けてベストを尽くす」と前を向いた。

 右手小指付近に受けた死球の影響で2戦連続で欠場となった筒香は試合終了の瞬間、ベンチから巨人の胴上げをじっと見つめた。「野球選手は誰でも試合に出たいという思いがある。でもまだ残り試合もあるので、そこに向けてやるだけです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース