亜大、内間ら3投手で完封リレー スクイズの1点守り切る 東洋大から勝ち点1

[ 2019年9月21日 05:30 ]

東都大学野球 第2週最終日   亜大1―0東洋大 ( 2019年9月20日    神宮 )

<東洋大・亜大>7回途中無失点と好投した内間
Photo By スポニチ

 3回戦が行われ、亜大が1―0で東洋大を下し、2勝1敗として勝ち点1を挙げた。先発したエース内間拓馬投手(3年)ら3投手の継投で1点を守り切り、8回1失点だった東洋大のエース村上頌樹投手(3年)に今年初めて黒星をつけた。

 亜大は大学日本代表だったエース右腕・内間が6回1/3を無失点に抑えるなど3投手で完封リレー。内間は「開幕から3連敗してエースとして絶対に負けられないと思った」と直球で押す強気の投球を見せた。

 7回には大学代表で東洋大のエース村上からスクイズで1点を奪取。守備でも1年生で代表入りした二塁・田中幹が好プレーでもり立てるなど全員で1点を守り抜き、村上に今年初めて黒星をつけた。代表を指揮した生田勉監督は「村上君は素晴らしい投手。紙一重の戦いだった。内間も負けないくらいの素材。辛抱強く投げてくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース