履正社 3試合連続コールド勝ち 元阪神関本氏長男・勇輔が“サヨナラ弾”

[ 2019年9月21日 11:20 ]

秋季近畿大会大阪府予選3回戦   履正社11―0阪南大高 ( 2019年9月21日    豊中ローズ )

<履正社・阪南大高>履正社・関本(中央)は5回コールド勝ちを決める2ランを放ちナインとハイタッチ
Photo By スポニチ

 今夏の甲子園大会で優勝した履正社が、3試合連続でコールド勝ちを収めた。

 元阪神の関本賢太郎氏(スポニチ本紙評論家)の長男・勇輔主将(2年)が2試合続けて「4番捕手」で先発し、2安打3打点。父がスタンドで見守る前で初回に左前適時打を放ち、9―0の5回2死三塁からは左越えへコールド勝ちを決める“サヨナラ弾”を放った。

 「前の試合で4番の仕事ができなかったけど、1回経験しているのでリラックスして試合を進められた」

 本塁打は今大会3本目と量産態勢で、高校通算10号。

 「4番として打点を一番に意識している。ペースは意識していないが、チームに貢献するバッティングをしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース