巨人・岡本2年連続30発「勝ったことが良かった」生え抜き右打者では原監督以来

[ 2019年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人9―4DeNA ( 2019年9月20日    横浜 )

9回1死、国吉(左)から2年連続の30号となるソロ本塁打を放つ岡本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は4番の岡本が2年連続の30本塁打をマークした。9回に左中間へ特大ソロを放ち「勝ったことが良かった。直接対決で勝てて良かった」。

 球団の生え抜き右打者では、原監督が現役時代の85~88年に記録して以来の2年連続30本。指揮官は「お尻を叩きながらスクラムを組んでいきたい」と独特の表現でさらなる成長を期待し、岡本は優勝へ「何でもいいから点が入るようにアシストしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月21日のニュース