巨人・原監督「いいご挨拶ができた」 鬼門で勝ち越しに満足顔

[ 2019年3月31日 17:48 ]

セ・リーグ   巨人6―3広島 ( 2019年3月31日    マツダ )

<広・巨>広島に勝ち越し笑顔でナインを迎える原監督(左から2人目) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 巨人が31日、敵地マツダスタジアムでの広島戦を6―3で制し、開幕カードを2勝1敗で勝ち越した。原監督は「スタートしたばかりです。いいご挨拶ができたというところで、いいんじゃないでしょうか。いい形で東京ドームに戻れる。本拠地開催を迎えることができると思います」と話した。

 2―2で迎えた5回。丸が移籍後初となる適時打を放ち、その後同点を許すも、9回に吉川尚と坂本勇の適時打で3点を挙げた。マツダスタジアムでは昨季は2勝9敗1分け。2年越しで13連敗もした「鬼門」で、2年ぶりに同一カード2連勝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース