【新井貴浩 視点】巨人・原監督の姿勢は「和と動」そのもの 「坂本に犠打」勝利への無言の鼓舞

[ 2019年3月31日 09:00 ]

セ・リーグ   巨人5―2広島 ( 2019年3月30日    マツダ )

9回無死一、二塁、坂本は犠打を決める(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 9回の采配が象徴的だった。無死一、二塁で、原監督は強打の坂本勇に送りバントのサイン。実績の有無は関係ない。どんなことをしても次の1点を取る、全員で1勝を奪いにいく…という無言のメッセージ。俺はこう戦うぞ、おまえたち付いて来いよ…と鼓舞しているように映った。

 打順にも動きが見えた。下位をガラリと変え、6番のゲレーロが3安打4打点。ただ、試合の分岐点は何度かあったが、それ以上に原監督の動く姿勢が勝利に反映されたと感じる。前日の開幕戦。4番鈴木を迎えた8回2死三塁で、マウンドに足を運んだ場面もしかり。自ら動くことで空気を変え、選手の背中を押す。今季掲げるチームスローガン「和と動」そのものだった。

 その中で3番丸の働きは見逃せない。前日4打席連続三振し、この日も三振スタート。通常は“打ちたい、早く1本が欲しい”と思うものだが、グッと自制して3四球をもぎ取った。その全てが得点に結びついている。移籍初安打こそ出ていないが、勝利への貢献度はすこぶる高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース