巨人・丸の今季初安打を菊池涼が“阻止”!有言実行の好守に球場大歓声

[ 2019年3月31日 13:42 ]

セ・リーグ   巨人―広島 ( 2019年3月31日    マツダ )

<広・巨3>1回2死、丸は二ゴロに倒れ苦笑い(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 広島から巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)が31日、古巣広島戦(マツダ)に「3番・中堅」で先発出場。初回の第1打席に投手の足元を抜く打球を放ったが、広島の名手・菊池涼に今季初安打を“阻止”され、苦笑いを浮かべた。

 初回2死走者なしで迎えた第1打席。今季まだ安打がない丸は広島先発の九里のフォークをうまく拾って、投手の足元を抜く打球を放った。ところが、菊地涼がその打球をスライディングキャッチすると、素早く一塁へ送球。間一髪アウトとなり、広島ファンで埋め尽くされた球場は大きな歓声に包まれた。

 15日に出演した日本テレビ系「金曜ロードSHOW!『OBvs現役 プロ野球好珍バトル2019春』」で「丸の打球は全部捕りたいと思っています」と宣言していた菊池涼。有言実行のファインプレーに丸の今季初安打は“阻止”された形となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース