ロッテ・レアード 球団初の開幕3戦連発「ど真ん中に来たボールをたたいただけ」

[ 2019年3月31日 18:54 ]

パ・リーグ   ロッテ4―9楽天 ( 2019年3月31日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>8回無死、レアードは左越えソロを放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人レアードが、球団史上初の開幕3試合連続本塁打を放った。

 3―7の8回無死、ハーマンの144キロを左翼最上段に突き刺した。「ど真ん中に来たボールを思い切りたたいただけだよ」。連敗スタートだけに笑顔はなかったが、昨季12球団ワーストの78本塁打だったチームに頼もしい長打力が加わったことは、開幕3連戦で示してくれた。

 本塁打を放った次の試合で1本につき、100円を割り引く「レアード選手の幕張寿司」(1050円、税込)の対象試合は4月9日のオリックス戦(ZOZOマリン)になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース