楽天・辰己 初づくしの一日 4回にプロ初安打「記念のボールは大事に…」

[ 2019年3月31日 16:01 ]

パ・リーグ   楽天―ロッテ ( 2019年3月31日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>4回2死、辰己はプロ初安打となる中前打を放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 楽天の辰己涼介外野手が、「9番・右翼」でプロ初スタメンとなった31日のロッテ戦(ZOZOマリン)でプロ初安打を放った。4回2死走者なしで迎えた2打席目。2ストライクと追い込まれてから、3球目のシンカーを中前へとはじき返した。

 直後にけん制死となったものの、嬉しいプロ初安打に「抜けたら良いなと思いながら、抜けなくても最悪内野安打と思ってしっかり走った。公式戦での初安打は嬉しいですし、まずは1本打てて良かった。記念のボールは寮に大事に飾りたいと思います」とコメントした。

 2回のプロ初打席は、1死満塁で四球を選んでプロ初打点をマーク。「初めてづくし」の一日となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース