オリックス“あと1球”で白星スルリ 西村監督「勝てたゲーム」

[ 2019年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―4日本ハム ( 2019年3月30日    札幌D )

引き分けに終わりハイタッチする西村監督(左から3人目)らオリックスナイン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 オリックスは“あと1死”から痛恨の引き分けに終わった。2点優勢の9回2死無走者から抑えの増井が連打され、近藤への四球を挟んで中田に同点打を浴びた。特に近藤を“あと1球”まで追い込んだ状況から白星を逃した。

 「あそこは簡単にいきすぎたかな。せっかく、あそこまでいったのにね。勝てたゲームだっただけにもったいない気もするが、まあ、これも野球です」

 西村監督は増井を責めることはしない。6年ぶりに開幕から2試合連続の延長戦を戦い、いずれも“満塁での中田”に痛打された。前日同様に中盤で得点が奪えず、序盤のリードをはき出したのが原因。「ちょっとしたミスで相手に流れをやって。中盤で追加点を取れない」と振り返り、快音が出ない吉田正には「まだ2試合。うちの4番ですから信じています」と期待した。

 好材料はある。新キャプテンに指名した福田の2試合連続猛打賞だ。特に9回は勝ち越しの中前2点打を放ち、「詰まったけど、僕の打撃は詰まってよいもの。しっかりとボールを見られている」と好調な打撃で引っ張った。キャンプ中から西村監督が「絶対に負けられない試合」と強調していた金子の登板日。痛快星は次回へ持ち越した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース