阪神・西 バレ斬りにガッツポーズ!一度は本塁打判定も…仕切り直しで空振り三振

[ 2019年3月31日 16:04 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年3月31日    京セラD )

<神・ヤ>6回2死一塁、打ち直しの打席でバレンティンを空振り三振に仕留めてガッツポーズの西(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の西勇輝投手(28)が31日のヤクルト戦で移籍後初先発し快投を披露した。

 初回、2死一塁でバレンティンに右中間を破られる適時二塁打を浴びて先制点を献上。続く雄平にも中堅左への二塁打を浴びて2失点の立ち上がりも、2回以降はリズムを取り戻した。2回以降は抜群の制球力と緩急を織りまぜた投球で持ち味を存分に発揮。6回2死一塁ではバレンティンにカーブを捉えられ左翼ポール際、5階席に飛び込む大飛球に。一度はホームランと判定されたが、リプレー検証の末、ファウルに覆った。仕切り直しでバレンティンをスライダーで空振り三振に仕留めると、雄叫びとガッツポーズで感情を露わにする場面も見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース