ロッテ藤原、4タコに意気消沈「嫌な感じはありますね」

[ 2019年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―9楽天 ( 2019年3月30日    ZOZOマリン )

5回1死一塁、右飛に倒れる藤原 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原は「1番・中堅」で開幕から2試合連続で先発出場したが、初回の見逃し三振など4打数無安打。チームも大敗を喫し「(打撃は)良くも悪くもなく、ヒットが出なかった」と振り返った。

 8回の第4打席ではハーマンの142キロ直球を捉え、中堅への大飛球で沸かせたが「打てなければ結果として残る。嫌な感じはありますね」と・125に下がった打率に意気消沈だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月31日のニュース