阪神・大山 右犠飛で今季初打点

[ 2019年3月31日 15:16 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年3月31日    京セラD )

<神・ヤ>4回無死一、三塁、大山は右犠飛を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・大山悠輔内野手(24)が31日のヤクルト戦で今季初打点を挙げた。2点ビハインドの4回に迎えた第2打席。無死一、三塁の好機で追撃となる右翼への犠飛を放った。

 開幕から3試合連続で「4番・三塁」で先発出場した若き大砲は、序盤3回まで無安打投球と抑え込まれたヤクルト・高梨から貴重な得点をもぎ取った。

 また、移籍後初先発となった西は初回に3長短打を集められ2点を失ったものの、2回以降の3イニングは打者9人で打ち取ってリズムをつかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース