大商大のドラフト候補右腕・大西、オリックス2軍を圧倒

[ 2019年3月31日 12:20 ]

練習試合   大商大3―1オリックス2軍 ( 2019年3月30日    オセアンBS )

大商大の大西(中央)
Photo By スポニチ

 大商大の今秋ドラフト候補・大西広樹投手(4年=大商大高)が30日、オリックス2軍戦に先発。7回を被安打5の1失点にまとめ、12三振を奪う快投を演じた。直球の最速は145キロを計測。フォーク、カットボールの精度も抜群で「直球の走りもよく、変化球で空振りを取ることもできました」とうなずいた。

 大西は15日の阪神2軍戦でも5回を被安打2の4奪三振、無失点と好投。4月6日のリーグ開幕戦へぐんぐん調子を上げてきた。最速148キロ右腕は「優勝目指してやっていく」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース