日本ハム実松、強肩見せた 福田の盗塁阻止「共同作業で」

[ 2019年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―4オリックス ( 2019年3月30日    札幌D )

11回2死一塁、打者・西浦の時、一走・福田の2盗を刺す実松(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 コーチを兼任する38歳の日本ハム・実松が「強肩」を見せた。

 10回の守備から出場。日本ハムでは05年以来の打席となる10回は二飛に終わったが、浦野とバッテリーを組んだ11回2死一塁では福田の盗塁を阻止。健在をアピールしたベテランは「(11回は)絶対に走ってくると思っていた。浦野もクイックしてくれたし、共同作業で(盗塁を)阻止できた」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース