啓新、浦松が意地の3者連続K「思い切りいった」

[ 2019年3月31日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第8日 2回戦   啓新2―5智弁和歌山 ( 2019年3月30日    甲子園 )

<啓新・智弁和歌山>強力打線に立ち向かった先発・安積だったが…(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 啓新(福井)は初戦と同様に先発・安積、2番手・浦松の継投で智弁和歌山打線に立ち向かったが、計15安打を浴びた。5回3失点の安積は「エースとしての投球ができなかった」と悔しがった。2回終了後には2時間近くも中断。準備が難しい中、スライダーを交えて立て直した。

 昨秋公式戦で23回2/3を投げ防御率0・00。桐蔭学園戦でも2回完全だった浦松は7回に細川の2点三塁打を浴びた。それでも、9回を3者連続三振に抑え「思い切りいった」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース