ソフトB・柳田、フェースガードやめた理由「血だらけになったんです」

[ 2019年3月31日 11:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―5西武 ( 2019年3月30日    ヤフオクD )

4回2死満塁、右越えに満塁本塁打を放つ柳田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田はオープン戦中から、フェースガード付きのヘルメットの着用をやめた。理由は「血だらけになったんですよ。びっくりして、やめましたよ」。

 2月の宮崎キャンプ中、室内練習場で打ち込みを終え、ロッカーでアンダーシャツを着替えると、右肩付近から流血していたという。テークバックに入る際にフェースガードが肩に食い込んでいたのだ。「格好いいから」と昨季途中から使用してきたが、今季は元のヘルメットで打席に向かう。豪快な空振りの後に、ヘルメットが飛ぶシーンも再び見られそうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年3月31日のニュース