明石商・中森 公式戦初安打が本塁打「大谷さんをイメージ」 

[ 2019年3月31日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会第8日 2回戦   明石商13―4大分 ( 2019年3月30日    甲子園 )

<大分・明石商>4回無死、中越えソロ本塁打を放つ中森(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 昨秋も出なかった公式戦初安打が、甲子園で生まれた。しかも本塁打だ。4点リードの4回1死から、明石商の2年生右腕・中森がチェンジアップをバックスクリーン右へ運んだ。「(本塁打は)入学後初めて。うれしかった」。冬場の体幹強化で腹筋300回、背筋200回、腕立て100回と鍛え、「打撃にも効果が出ている」と実感する。狭間善徳監督も「しっかり練習すれば(2安打2打点の)来田より打率を残せる」と素材を認める。

 投球では2回1死一、二塁から好救援。5回2/3を無失点で、自己最速となる147キロも計測した。初出場だった16年以来3年ぶりの8強に導いたエースは「150キロは目指したい。イメージするのは(エンゼルスで二刀流の)大谷翔平さん」。09年清峰以来となる公立校制覇も視界に入れた。 (湯澤 涼)

 ○…大技小技を絡めて13安打13得点。初回1死三塁から重宮主将のスクイズで1点を先制した。同点だった2回は岡田が「風に乗ってくれました」と左越えソロをマークすると、2死二、三塁では来田が右翼線2点三塁打を放つなど一挙4得点。その後も着実に得点を積み重ねた狭間監督は「出来過ぎですね」と目を丸くしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース