日本ハム 5月に子どものための「フィジカルアカデミー」開校

[ 2019年3月31日 11:50 ]

 日本ハムは31日、「Sports Community」の企業理念の下、北海道の子どもたちがスポーツを楽しみ、自ら積極的に運動に取り組む姿勢を育むことを目指し、今年5月から「ファイターズフィジカルアカデミー」を新規開校すると発表した。野球、ダンス以外のアカデミー開講は球団初。

 同アカデミーでは「野球」「ダンス」など、特定のスポーツに特化した体力運動能力向上や専門スキル習得を目的とするのではなく“走る、投げる、跳ぶ、つかむ、打つ“といったさまざまなスポーツに通じる基礎的な体力運動能力を養成・改善させることで、さまざまなスポーツに苦手意識なく取り組むことができる身体リテラシーの高い子どもの育成を目指すとしている。プログラムは、筑波大学及び筑波大学発ベンチャー(Waisportsジャパン)による産学連携型の講師チーム監修の下に最新の心身科学理論に基づいて開発されたものを使用する。

 対象は幼稚園などの年中~小学4年生の男女で、札幌市内と北広島市内の計3校で受講生の募集を開始する。開校日程は、今年5月中旬~来年3月末まで。申し込みは、球団公式ホームページで3月31日から募集開始(4月13日申し込み締め切り)。詳細は球団ホームページで案内する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース