日本ハム 北海道雨竜町とパートナー協定を締結

[ 2019年3月31日 14:26 ]

<日本ハム>雨竜町とのパートナー協定調印式を終え、笑顔で握手を交わす川村浩二球団社長(左)と西野尚志町長(右)(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 日本ハムは31日、北海道雨竜(うりゅう)町とパートナー協定を締結したと発表した。

 札幌市内の球団事務所で日本ハムの川村浩二球団社長(58)と雨竜町の西野尚志町長(58)が調印式に参加し、協定書に署名を行った。05年開始の宿泊型野球教室「キッズサマーキャンプ」から交流が始まり、08年からは特産品の雨竜米を選手賞で提供しており、川村球団社長は「この関係をさらに深めるために3年間の契約を結びました」と説明。西野町長も「いろんな事業を計画しているので町民も希望を持っている」とし、応援ツアーや野球教室、学校訪問などを計画していることを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース