日本ハム中田、連日の“翔Time” 2戦連発&9回同点打

[ 2019年3月31日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―4オリックス ( 2019年3月30日    札幌D )

9回2死満塁、同点の2点適時打を放つ中田(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 最後まで諦めない。その気持ちが日本ハム・中田の体を突き動かした。延長12回、5時間12分の激闘の末に引き分け。チームの黒星を消した4番打者は「勝ちきらないといけない試合だった。でも粘り強い野球ができている」と振り返った。

 前日は延長10回に開幕戦では史上初となる延長戦でのサヨナラ満塁弾。勢いそのままに2戦目も火を噴く。2点を追う3回に2戦連発の同点2号2ランを左翼席に叩き込んだ。再び2点を追う9回2死満塁。元同僚の守護神・増井の151キロ直球を中前へはじき返した。起死回生の同点2点打だ。全4打点を挙げ、2試合で計8打点。満塁機では2打数2安打、打率10割で「しっかり打席の中で集中できている」という。

 開幕戦当日。ファンとのウエルカムハイタッチに向かう際、栗山監督と同じエレベーターに乗り合わせた。「凄く緊張してドキドキしていた。可愛かった。赤ちゃんのような純粋さを持っているからファンの方も引かれるんだと思う」。指揮官はこわもてながら人知れぬ一面をのぞかせた中田の表情を見てそう思ったという。本拠地に集まった4万1138人の大観衆に白星を届けることはできなかったが、熱くさせるには十分の活躍だった。

 開幕2連勝こそ逃したが、「全員で食らいついていく気持ちが形になった。手応えを感じている」と栗山監督。全員野球の中心には中田主将がいる。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月31日のニュース