巨人3連勝!内海は今季5勝目 DeNAは最下位転落

[ 2018年8月21日 20:57 ]

セ・リーグ   巨人4―1DeNA ( 2018年8月21日    横浜 )

<D・巨18>2回 1死 ソロ本塁打を放つ巨人・阿部 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は、投打がかみ合い3連勝。打っては阿部が1発を含む2安投打2打点の活躍、投げては内海が7回1失点の好投で、今季5勝目をマークした。

 巨人は、2回1死走者なしで阿部がライトスタンドへ8号ソロを放ち先制。これで阿部は、本塁打を打った相手投手の数は228人となり、近鉄などで活躍した歴代最多のタフィ・ローズに並んだ。

 3回には、2死二、三塁から岡本の中前適時打で1点追加。6回にも無死二塁で阿部が中前適時打を放ち、加点した。

 先発した内海は、7回に大和に本塁打を打たれるものの、7回111球を投げて、7安打1失点の好投で今季5勝目を飾った。

 DeNAは、平良が移籍後巨人戦初登板だったが、6回92球を投げて、8安打4失点で今季2敗目。打線は、7回に大和の今季初本塁打で1点返すも、反撃は及ばずチームは3連敗で、最下位に転落した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース