ドジャース 守護神ジャンセンが戦列復帰へ リリーフ転向マエケンの起用法は?

[ 2018年8月21日 09:23 ]

ドジャースのケンリー・ジャンセン投手 (AP)
Photo By AP

 不整脈で故障者リスト(DL)入りしているドジャースのケンリー・ジャンセン投手(30)が、20日のカージナルス戦から戦列に復帰することになった。

 チームのクローザーを務めるジャンセンは不整脈の治療のため、10日に10日間のDL入り。先週からは復帰へ向けてブルペンでの投球練習を再開させていた。当初は4週間から6週間の長期離脱が見込まれていたが、治療後の経過が良好とのことで、医師から復帰へのゴーサインが出たという。

 今季はここまで51試合に登板してリーグ2位の32セーブを記録。離脱中は前田が先発からリリーフに回り、手薄になったブルペンを補った。ジャンセンは復帰後すぐにクローザーに戻るそうだが、前田は今後もリリーフとして起用されるのか、それとも先発に戻るのかについては伝えられていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース