ソフトB、正念場6連戦 工藤監督「この先を占う意味でも大事な1週間」

[ 2018年8月21日 05:30 ]

 ソフトバンクは21日から2位・日本ハム、24日からは首位・西武との6連戦を迎える。この日、静岡市・草薙球場で行われた投手練習に参加した工藤監督は「この先を占う意味でも大事な1週間。一試合一試合乗り切っていくしかない」と語った。

 現在、日本ハムとは2・5ゲーム差、西武とは9差。「乗り切っていかないと見えてくるものも見えなくなる」と話した。21日に先発する東浜は「一人一人全力で投げることしか考えていない」と静かに語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース