金足農、全員野球で103年ぶり快挙 “禁断”侍ポーズで一丸

[ 2018年8月21日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権大会準決勝   金足農2―1日大三 ( 2018年8月20日    甲子園 )

8回のピンチにも笑顔でナインに声をかける吉田(右)(撮影・高橋 雄二)
Photo By スポニチ

 平成最後の夏に、どこか昭和の薫りが漂う。2点リードの8回1死満塁、金足農・佐々木大夢がカウント1―1からスクイズを外された。三塁走者・菊地亮は挟まれてタッチアウト。中泉一豊監督は「もう1点と焦ってしまった。もう1球待つのもあり。私のミス」と采配を反省した。

 お家芸のスクイズは失敗しても、ナインに悲壮感はない。最新のトレーニングで体を鍛え、下位打線からでも一発を狙える強豪が急増する中で、自分たちの野球道を貫く。近江との準々決勝ではサヨナラ2ランスクイズを決めた。この日も5犠打を成功させた。

 エース吉田から「おまえが打て!」と要求された4番・打川が初回に左翼線へ落とした先制打も、無死一塁から佐々木大夢がバントでつくったチャンスを生かしたものだ。「バントから点を取るのが目指してた野球。来た球は全部打ってやろうと思った」。バットの先で引っ掛け、いい当たりではなかったが、仲間がつないだからこそ打球に執念が乗り移った。

 5回無死一塁でも吉田がバント成功。「1点取れば大きい。いつも以上に全力で走った」というエースの姿を見ていた5番・大友が、2死後に中前適時打を放った。中堅を守る、吉田の侍ポーズの“相方”。貴重な2点目を叩き出し「34年前を超えて歴史に刻むことができた」と笑った。

 秋田大会から9人野球が続くが、指揮官は「9人以外のメンバーがいないと前に進まない。ベンチでの元気も変わる。全員で守って、ベンチワーク、応援も含めて野球の力を見せたい」と力を込めた。今大会は5試合で19犠打、スクイズで計6得点。大阪桐蔭にも泥くさく一丸野球でぶつかる。 (横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース