清宮1軍再昇格!正念場ハムに“起爆剤” 栗山監督「思い切っていくしかない」

[ 2018年8月21日 05:05 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が21日のソフトバンク戦(静岡)で7月11日の出場選手登録抹消以来、3度目の1軍昇格を果たすことが20日、分かった。

 チームは首位の西武を6・5ゲーム差で追うが、3位のソフトバンクとも2・5差の正念場。この日、東京から静岡に移動した栗山監督は「もっと思い切っていくしかない。メンバーも含め」と大幅なてこ入れを示唆した。

 静岡・草薙球場は34年の日米野球で活躍した沢村栄治とベーブ・ルースの銅像が立つ。リトルリーグ世界大会で優勝した際に「和製ベーブ・ルース」と米メディアに報じられた19歳が「起爆剤」としてスタメン出場する可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース