ホワイトソックス指揮官 試合前に目まい訴え病院搬送 検査で異常なし

[ 2018年8月21日 10:05 ]

ホワイトソックスのリック・レンテリア監督 (AP)
Photo By AP

 ホワイトソックスのリック・レンテリア監督(56)が20日のツインズ戦の前に目まいを訴え、ミネソタ州内の病院へ搬送された。試合は代わりにベンチコーチのジョー・マクユーイング(45)が指揮を取ることになった。

 病院で検査を受けたレンテリア監督は、幸いにも特に異常は見つからなかったとのこと。容態が良くなれば、同日中にも試合が行われているターゲット・フィールドに戻ることができるそうだ。同監督は昨季からホワイトソックスを指揮。就任2年目の今季はここまで46勝77敗でア・リーグ中地区4位の成績。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース