日本ハム・清宮 1軍昇格、即「6番・DH」でスタメン

[ 2018年8月21日 17:15 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位の清宮幸太郎内野手(19)が21日、今季3度目となる1軍昇格を果たし、「6番・DH」でソフトバンク戦のスタメンに名を連ねた。静岡・草薙球場入りした際、栗山監督は「勝負だから手を打つ。さらに目いっぱい行く」と大胆な選手起用を示唆していた。

 高校通算最多とされる111本塁打を放ち、昨秋ドラフトで7球団競合の末に入団した清宮は、2月のキャンプ期間のコンディション不良などで出遅れたが、5月2日に1軍に初昇格。同9日のオリックス戦でプロ初本塁打をマークした。打撃不振で同28日に2軍に落ち。7月9、10日に短期間の限定で1軍昇格はあったが、その後は右肘炎症などもあって、ここまで2軍調整が続いていた。

 チームは左の大砲でもあるアルシアが右肘痛で2軍調整中。首位の西武を必死に追い掛け、3位のソフトバンクにも迫られている正念場で、「起爆剤」としてイースタンリーグでトップタイの17本塁打を放っている19歳に白羽の矢が立った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース