初出場・金町ジャイアンツが全国1勝 「銀」が決めた タイブレークV打

[ 2018年8月21日 05:30 ]

スポニチ主催全日本学童軟式野球マクドナルドトーナメント ( 2018年8月20日 )

決勝打を放ち香取監督(左)に称えられる山崎
Photo By スポニチ

 神宮球場など、東京都内の計5球場で開幕。1回戦19試合が行われた。初出場の金町ジャイアンツ(東京第1)はタイブレークとなった延長8回に大量5得点。山崎銀士朗内野手(6年)が決勝打など2打点の活躍だった。4年連続14度目の出場となった強豪・長曽根ストロングス(大阪)なども2回戦に進出。21日は5球場で2回戦16試合が行われる。

 ナインから「銀」の愛称で呼ばれる山崎が試合を決めた。2―2でタイブレークに突入。無死満塁の場面からスタートした延長8回、先頭打者として決勝の中前打を放った。5回の同点の中犠飛と合わせて2安打2打点。2盗塁と俊足も披露した銀士朗は「うれしい。(決勝打は)甘いボールが来たら、絶対にファーストストライクから狙おうと思っていた」と声を弾ませた。

 今大会は実に31チームが初出場。金町ジャイアンツもその一つだ。今年の正月には「男はつらいよ」で知られる東京・葛飾の柴又帝釈天に参拝。「全国制覇」をみんなで誓い合った。指導歴8年目になる香取鉄平監督は、早大ラグビー部でFBとしてプレー。全国の舞台で活躍したが、学童野球の祭典での待望の1勝に「やっぱり全国大会は凄いところ。夢心地です。選手は守りで踏ん張ってくれた」と笑顔で話した。 (鈴木 勝巳)

 《おにぎりパワー 石川雅が逆転打》三股ブルースカイ(宮崎)が「おにぎりパワー」で初戦を突破した。初回1死二、三塁で逆転の2点中前打を放つなど、2安打2打点2盗塁と活躍した石川雅は「チャンスだったし、みんなの気持ちに応えようと思った」と満面の笑みだ。浅井俊博監督の指導方針は「自分でできることは自分でする」。試合の際の弁当は選手が自らおにぎりを作る。石川雅も「僕は中に唐揚げを入れて、多い時は2個握ります!」と話した。

 《末益1四球完封》 清水タイガース(千葉)は先発・末益が5安打完封勝利。わずか1四球と安定感も抜群で「緊張したけど、頑張って投げられた。今日はみんなのおかげで勝てた」と初々しく話した。創部39年目にして初出場。チームの創設者で先代の代表だった谷口弘さんが2年前に78歳で亡くなっており、久島弘也監督は「(末益が)いい投球をしてくれた。天国に1勝を届けられて良かった」と喜んだ。

 《西日本豪雨に敗けじ》栗原平木山野球クラブ(広島)が上江別ブルードリームズ(北海道南)に競り勝ち初出場対決を制した。1点リードの4回に細谷が70メートルの左翼フェンスを越える大会第1号ソロを放ち「最初は緊張したけど打ててうれしかった」とはにかんだ。全国の切符を手にした直後の西日本豪雨で2週間グラウンドが使えなかった。指揮を執る木舎晴可監督は「乗り越えたことで選手たちに自信がついた」と創部44年目の全国初勝利を笑顔で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース