ロッテ・岡15球粘り打ち「夢中になっていたので」流れ変えたタイムリー

[ 2018年8月21日 22:14 ]

パ・リーグ   ロッテ6―4西武 ( 2018年8月21日    東京D )

試合後にファンと喜び合う岡 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテは6―4で西武を下し、球団創設50年記念試合を勝利で飾り、50勝目をマークした。

 2点を追う5回、2死満塁で打席に立った8月好調の岡が粘った。「夢中になっていたので、どういう感じになってるのか自分自身よくわからないです」と岡。だが、ファウルで粘り、15球目をセンター前へ弾き返した。

 7月末に日本ハムから移籍。このタイムリーがホームゲーム初の安打となっただけにお立ち台では「岡大海です。5年目です。最近悔しい思いをずっとしてたので、このロッテでしっかり活躍して優勝できるように頑張ります」とファンへの自己紹介でヒーローインタビューを締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース