【レジェンド始球式】桑田氏、金足農・吉田に助言「痛いところ出たらすぐ声出して」

[ 2018年8月21日 07:20 ]

第100回全国高校野球選手権大会準決勝   金足農2―1日大三 ( 2018年8月20日    甲子園 )

レジェンド始球式に登場した桑田氏(左から2人目)に一礼する金足農・吉田(右)=撮影・大森 寛明
Photo By スポニチ

 PL学園で1年夏から甲子園に5度全て出場し、通算20勝を挙げた桑田真澄氏(50=元巨人)が第1試合の「レジェンド始球式」を務めた。「マウンドにはやっぱりスパイクで上がりたい」と靴を履き替え、左足を高く上げてダイナミックに右腕を振る当時のフォームで鋭い速球を披露。「きれいな回転の真っすぐでしたが、ちょっと高かったのが反省です」と苦笑いした。

 先攻の金足農の1番・菅原天を打者に迎えての投球。2年夏だった84年の準決勝で、金足農に自身の2ランで逆転勝ちした。くしくも“再会”を果たし「あのユニホームを見たら思い出した。絶対に諦めてはいけないということを学んだ試合でした」と話した。

 秋田大会から1人で投げ抜いている吉田には「僕も大阪大会で5連投した経験者として、もしも痛いところが出たらすぐに声を出してほしい」とアドバイス。その上で「金の卵である子供を大切に育てるルールづくりをしないと」と投球制限の必要性を訴えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース