清宮 自画自賛104日ぶりプロ2号 1軍昇格即スタメンで中田からガツン

[ 2018年8月21日 20:30 ]

パ・リーグ   日本ハム―ソフトバンク ( 2018年8月21日    静岡・草薙 )

<日・ソ>7回1死二塁 清宮は右越え2ランを放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が21日、ソフトバンク戦(静岡・草薙)に「6番・DH」で1軍昇格即スタメン出場し、104日ぶりとなるプロ2号を放った。

 2打数無安打で迎えた7回の第3打席。1死二塁でソフトバンクの2番手・中田から138キロの直球を豪快に右翼席上段に運んだ。5月9日のオリックス戦(京セラD)でプロ初本塁打を放って以来、104日ぶり、53打席ぶりの一発。清宮は7月11日以来、3度目の1軍昇格。「うまく反応できた。(打った瞬間に)行ったと思った」と自画自賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月21日のニュース