×

柔道男子連続金メダルは5日目でストップ 向が3回戦敗退

[ 2021年7月28日 14:22 ]

東京五輪第6日 柔道男子90キロ級 ( 2021年7月28日    日本武道館 )

2回戦でフェイエと対戦した男子90キロ級の向翔一郎(右) (AP)
Photo By AP

 18年世界選手権銀メダリストの向翔一郎(25=ALSOK)は2戦目となった3回戦でハンガリー選手にゴールデンスコアの延長戦の末に一本負けし、メダルを逃した。柔道男子日本代表は初日から4日連続で金メダルを獲得していたが、5日目にして記録が途切れた。

 向は初戦の2回戦でモーリシャス選手に得意の背負い投げによる2つの技ありで、合わせ技一本勝ち。ノーシードから金メダルを目指したが、続く3回戦で夢破れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月28日のニュース